MENU

社内管理の整備

パソコン操作

有事の際に必要なツール

地震や災害が発生した際、重要となるのは家族や友人など大切な人の安否確認です。しかし、災害時には通信回線が混み合い、すぐに安否確認できない混乱状態が続きます。安否確認の重要性は企業に於いても重要問題と言えます。社員の安否確認に携帯電話やメールを使う方法もありますが、震災時にこの作業を迅速に処理する事は難しいと考えれます。特に、従業員を多く抱える企業ではこの様な作業には多大な労力が必要となり、迅速に社員の安否確認を行う事は出来ないと考えられます。従って、有事の際に労力を掛けずに社員の安否を確認できるツールを利用した社内管理体制を作り上げる必要があります。現在、安否確認ツールを提供しているのは電話会社や警備保証会社、IT関連など色々な企業がシステムを提供しています。安否確認システムの必要性が叫ばれるようになったのは1995年の阪神淡路大震災がきっかけであり、2011年の東日本大震災を機会に一段とシステムの必要性に拍車がかかり、システムを提供する企業も増えてきました。安否確認ツールの特徴は、有事の際に登録されている社員に自動にメールを一斉送信する機能が備わっている事であり、メールをもらった社員の安否の返答はWEB上での回答が可能で、安否確認は一覧でチェックできる機能がある事です。安否確認ツールは、サービスを提供する企業によってサービス内容や料金体系に違いがあります。また、サービスの内容を見てもシステムを提供する企業の数だけ数が有る為、どのサービスが自社にとって最適かを比較検討する必要があります。