MENU

ファイル送信とサイズ

ファイル

サービスを利用する方法

ファイルを送付る際、メール利用では利便性が特に高い。通常のメールソフトでは、添付したいファイルを画面にドラッグアンドドロップするだけ等、非常に簡単な操作でメール添付できる。その為、ファイル送付ではメールが広く利用されている。しかし、メールでのファイル送付では大容量ファイルを送付できないケースが通常である。これらは、メールサーバーへの負荷などを考慮し、サーバー側でサイズ制限されていることにより送ることができなくなっている。一般的には、数メガから数十メガを超えるファイルでは送信することができない。これらの大容量ファイルを送信したい場合には、ファイル送付サービスを利用する方法がある。ファイル圧縮をすることでファイルサイズを小さくし送ることもできるが、圧縮では対応できない大容量ファイルではファイル送付サービスの利用が最適である。ファイル送付サービスでは、専用のサーバーにファイルをアップロードし、そのファイルを相手にダウンロードしてもらうことで授受する仕組みとなっている。メールでは、大容量ファイルのアップロード先URLを通知するのみで済むため、メールではファイルを送らないことになる。これらのサービスでは、企業利用では利用ユーザ数で利用料金が設定されていたり、送付するファイルサイズにより料金がかかるというサービスが多くなっている。メールに比べた場合には手間がかかるが、媒体などを郵送するなどに比べた場合には手間やコストを下げることができる。