MENU

従業員を守るために

パソコン

自然災害が起きたら

現在の世界はいろいろな場所で災害が起こりやすい状態になっています。日本国内でも地震や豪雨などの影響で大きな被害が出てしまう地域があります。このような災害が起きた時には、誰がどこでどのような状況になっているのかをすぐに把握することが今後の避難や救助の時にとても大切になります。災害が起きた時に家族間で連絡を取り合うことは非常に重要なことですが、企業が働いている従業員の安否確認を行うことで今後の動きをどのようにしていけば良いのかを、すぐに判断できるようになります。東日本大地震が起きてから、この安否確認を行うためのシステムが多く開発されさまざまなものがあります。安否確認のシステムは、事前に働いている従業員のメールアドレスを登録しておき、災害が起きた時に登録しておいた従業員のメールアドレスに一斉にメールをし従業員が返信をするというものが基本的なものです。安否確認のシステムの中には位置情報が確認できるものなどもあり、導入するシステムによってさまざまな機能があります。どのシステムを導入するのかは企業によって違いますが、企業の規模や導入したい機能などを踏まえて決めることが大切です。中には一定期間無料で体験できるというのもあるので試してみるのもおすすめです。そして、安否確認のシステムを導入した後には定期的に訓練を行うことも重要です。働いている従業員の全員がこのシステムの存在を知り、本当に災害が起きた時にこのシステムを活用できるようにしておくことが必要です。