MENU

新しい形の面接

携帯

海外から人材を集める

企業がスマホ面接を取り入れれば日本国外に居住している人も雇うことができます。IT関係の企業や研究職は毎日オフィスに通わなくても働けますから、社員が海外に住んでいても問題ありません。才能ある人材をとり逃したくないと考えている企業からスマホ面接は人気なのです。また中には就職後は会社に通えるけれど、面接日には出社できない求職者もいるでしょう。こうした人たちのためにスマホ面接の門戸を開いておけば、幅広い人材が集まるのです。オンライン社会が進んでいる日本ではスマホを持っている人々は少なくありません。新しい形の面接を取り入れる上で企業が設備投資する額が少なく済むのも優れています。海外に住んでいる人の面接は書類だけでも行えますが、そうした点では相手の実務能力しかチェックできません。スマホ面接で実施に会話すれば、求職者と企業の相性やコミュニケーション能力が確認できます。また企業が相手に伝えたいメッセージをその場でオープンにできるのも後々関係を構築する上でメリットです。スマホ面接を取り入れるためには、映像と音声をやり取りできるフリーソフトをダウンロードしてもらいましょう。こうしたソフトにはいくつかの種類がありますので、求職者に合わせて企業は複数用意しておくと良いでしょう。スマホ面接をする場合、一般的な面接よりも自分と相手の距離が近しいものです。こうしたケースでは声を抑えてしまいがちですが、きちんと聞き取れるかどうかチェックしておきましょう。