パソコン

従業員を守るために

地震や豪雨などの自然災害が起きた時に、企業が働いている従業員の安否確認を行うことは、今後の避難や救助のためにとても重要なことです。現在は多くのシステムが存在しているので、それぞれの企業にあったものをその中から選ぶ必要があります。

MENU

携帯

新しい形の面接

企業がスマホ面接を取り入れれば海外に住んでいる求職者も雇えるのが優れています。採用は書類だけでも決められますが、スマホ面接を行うことで求職者のコミュニケーション能力が確認できます。またスマホを持っている人は少なくありませんから、取り入れる上であまり設備投資をしないで良いのが魅力的です。

女性

社内で集団感染を防ぐには

ノロウイルスは集団感染リスクがあり、職場内でも対策が必要だ。基本は手洗いの徹底であり、「洗って拭いて消毒」までをセットで行えるよう設備を整えておくとよい。また、定期的に公共の場を消毒することも重要だ。感染者が出た場合の介抱の仕方についても担当と方法を共有しておくと感染拡大が防げる。

ファイル

ファイル送信とサイズ

メールではファイル添付し送付することができるが、一定容量を超える大容量ファイルでは送受信することができない。そのような場合には、ファイル送信サービスを利用すると良い。サイトにアップロードし、相手がダウンロードすることで授受できる。

パソコン操作

社内管理の整備

現在、安否確認サービスの必要性は益々高くなっています。この数年間に何度もの震災に合ってきた日本に於いて、このシステムを無視する事は出来ない状態です。従って、社内管理体制のなかに安否確認を加えた整備が急がれます。

情報共有を行いましょう

ファイル

宅ファイル便を使う

社内で情報共有を行うにあたりメールを使用する場合が多いと思う。しかし、メールでは大容量ファイルを送信することはできない。メール1件あたりの最大送信量の制限を設けていないWADAXのシステムですら"送信元の制限となる可能性から1から2MBくらいのサイズを推奨します"と記述されている。情報共有を行うにあたり、文書だけでなく写真、動画といったファイルになる場合もある。特にきれいな動画を送りたいといった場合では2MBを優に超える大容量ファイルになると考えられる。そんなときに「宅ファイル便」の利用をお勧めする。宅ファイル便は簡単に300MBまでの大容量ファイルであれば無料で送信することができる。具体的には1.会員登録をする。2.大容量ファイルをアップロードし、ダウンロードURLを取得する。3.取得したURLを送信したい相手にメールで送る。4.受け取ったURLをクリックして大容量ファイルをダウンロードする。問題点は無料で行いたい場合は、まずは大容量ファイルの保存期間が3日間と短いことが重要となる。また、ファイルの合計が10個で合計300MBという制限があることにも注意が必要だ。これらの問題点は有料会員であるビジネスプラスのデスクトップ+プラスを利用すれば、保存期間は10日間になる。また、ファイルのサイズが50GBまで送ることができる。でもほとんどの場合は無料で対応が可能ではないかと推測される。宅ファイル便は1999年からサービスを開始しているので安心して使えると思う。